心臓手術後から頭がふわふわするのってどうして?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る後遺症改善のヒント!治療しない治療院

お問い合わせはこちら LINE予約

心臓手術後から頭がふわふわするのってどうして?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る後遺症改善のヒント!治療しない治療院

心臓手術後から頭がふわふわするのってどうして?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る後遺症改善のヒント!治療しない治療院

2021/03/26

心臓手術後から頭がふわふわするのってどうして?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る後遺症改善のヒント!

不思議な治療院の秘密

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。

当院へお越しになる患者さんで「頭がふわふわするんです...」という症状をご相談くださることがあります。

当院ではこのような症状をお持ちの患者さんでも、当院独自の整体法にて症状の改善を図ります。

今回も当院の患者さんをご紹介させていただきながら症状改善のヒントを解説していきます。

ご紹介させていただく患者さんは、80代女性の患者さんで去年に大動脈弁置換術(心臓の手術)を受けた患者さんでした。

そして、どうも心臓の手術が影響して「頭がふわふわする」という症状が出現していた可能性がありました。

では、心臓の手術と頭がふわふわする症状はどのように関係しているのか?

心臓に限らず、どの部位の手術であっても手術した部位は組織が硬くなり、動きを制限したり、各臓器の機能低下に影響を与える力になります。

患者さんの場合も同様で、心臓周囲が緊張し、組織が硬くなっていました。

その影響で胸郭(胸骨や肋骨)の動きが制限されていました。

これらの動きが制限されると息を吸っても胸がふくらみにくいということが起こったりします。

つまり、十分に空気が入りにくいということです。

また、心臓周囲にある筋肉(胸の筋肉、肩まわりの筋肉)が緊張しており、血流にも影響を与えるような体の状態となっていました。

そういったことが重なり息を吸っても空気を十分に取り入れることが難しくなっている可能性が考えられました。

空気を十分に取り入れることが難しい状態で、動いたり、体に負担がかかったりすると体の中では酸素不足におちいりやすく、脳が酸素不足になるとその影響で「頭がふわふわする」といったような症状が出現することがあります。

そこで、患者さんには上記であげた、「胸骨」や「肋骨」、心臓周囲にある筋肉に対して整体にて調整をしていきました。

整体にて体を調整したことにより、「胸骨」「肋骨」、心臓周囲にある筋肉の緊張が緩和すると、患者さんが「息が吸いやすくなりました。私、吸えていなかったんですね。」とおっしゃっていました。

当然、生活の中で「頭がふわふわ」しないか、または軽減しているか、に関しては経過を観察していく必要はあります。

ですが、患者さんもおっしゃっていたように「息が吸いやすくなった。」ということは「吸えていなかった」ということでもあります。

奈良の橿原にある当院では、様々な症状に対して原因を追求し、その原因に対してアプローチしていくことで症状の改善を図っていきます。

特に手術後はしっかりとケアをしてあげることが後遺症のような症状の出現を予防することにつながります。

心臓の手術後に、病院で検査するけど原因がわからないという症状にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

県外や遠方の方は、zoomカウンセリング(リモート)も行っておりますので、気軽にご相談くださいませ。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。