心筋梗塞で肩が痛い?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る心筋梗塞の肩の関係!治療しない治療院

お問い合わせはこちら LINE予約

心筋梗塞で肩が痛い?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る心筋梗塞の肩の関係!治療しない治療院

心筋梗塞で肩が痛い?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る心筋梗塞の肩の関係!治療しない治療院

2021/02/27

心筋梗塞で肩が痛い?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る心筋梗塞の肩の関係!

不思議な治療院の秘密

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。

最近お越しになられた患者さんで「肩が痛くて上がらないんです」という患者さんがいました。

その方は、過去に心筋梗塞の既往歴がある患者さんでした。

結論から言うと、この患者さんの「肩が痛い」という症状は、心筋梗塞と関係があったのです。

こういった場合でも当院では、当院独自の整体法にて「肩が痛い」という症状の改善を図ります。

では、心筋梗塞と「肩が痛い」という症状はどう関係があるのでしょうか?

問診をした後に当院独自の方法で全身状態を確認していくと、胸郭(胸まわり)の組織が硬くなっていました。

胸郭の中でも特に胸骨のやや左側の組織が硬く、呼吸時の胸の動きに制限がかかっている状態がありました。

さらに、詳しく検査していくと、左と比べて右肩の骨頭が前方に突出している様子が確認されました。

ちょうど心臓の位置から右肩の骨頭向かって牽引(引っ張られる)されるような力が体の中で働いていました。

上記の図をご覧いただいたら、心臓の方向へ向かって右骨頭(肩関節)が引っ張られているイメージがなんとなくわかるかと思います。

そのような力が持続的に働いていると、右肩の骨頭が前方へズレてきます。

そうすると肩の関節でうまく骨頭が動かなくなることで、肩関節で骨と骨同士が当たってしまったり、靭帯や筋肉を肩の関節のところで挟みこんでしまったりすると(インピンジメント)「肩が痛い」という症状が出現します。

ちなみに心筋梗塞だけではなく、各それぞれの内臓臓器の機能的は負担があると、それぞれの臓器は緊張してしまいます。

今回の患者さんは心筋梗塞の影響で心臓組織が緊張状態でありましたが、心臓以外の臓器でもそういった緊張が起こることはあります。

奈良の橿原にある当院では、こんなふうに過去の既往歴や現在の病気と照らし合わせて、症状の改善を提案させていただいております。

どんな症状も現在の病気や過去の病歴と関係していたりします。

今の症状だけをみるのではなく、総合的に体を観察し、当院独自の整体法で整えていくことにより症状は改善していきます。

肩が痛いとお悩みの方は、ぜひ当院にご連絡くださいませ。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。