足のしびれの治し方とは?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る足のしびれの改善法とは?!治療しない治療院

お問い合わせはこちら LINE予約

足のしびれの治し方とは?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る足のしびれの改善法とは?!治療しない治療院

足のしびれの治し方とは?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る足のしびれの改善法とは?!治療しない治療院

2021/01/13

足のしびれの治し方とは?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る足のしびれの改善法とは?!

不思議な治療院の秘密

治療しない治療院の院長の菊本です。

当院にお越しになる患者さんの中でも「足のしびれがある」という訴えを多く聞きます。

ちなみに一般的に言われる「足のしびれ」の原因は、病院でみてもらっても「原因がわからない」というケースがほとんどです。

足のしびれと一言に言っても原因は様々です。

今回は、実際に当院でみさせていただいた患者さんであった「足のしびれ」の原因はなんだったのかについて解説していきながらご自身でできるケアについて簡単に触れていきたいと思います。

「背骨の歪み」→背骨の中には、太い”神経根”が通っています。僅かミリ単位の骨のズレでもその太い”神経根”が圧迫を受けることがあり、圧迫を受けると神経の走行に沿ったしびれ感を感じることがあります。(腰から出る神経は足の方まで伸びる)この場合は、「背骨の歪み」を改善してあげることで足のしびれが軽減することがあります。

「子宮や卵巣の疾患がある」→例えば、子宮筋腫や卵巣のう腫のような疾患があると、子宮や卵巣の周囲を走行する神経系に影響を与えるような状態であると足にしびれを感じたりすることがあります。この場合は、子宮筋腫や卵巣のう腫では、子宮や卵巣を含めた周囲の組織が硬化していたり、緊張状態であったりするため、ご自身でケアする場合は「温める」ことも効果的です。また、整体などで整えてもらうことで症状の緩和が期待できます。

「過去に骨盤の骨折がある」→坐骨骨折や尾骨骨折などがあると、骨盤内の組織が硬化していることが多くみられます。そのような場合でも足へ伸びていく神経系に影響を与えることがあり、足のしびれの原因になることがあります。この場合は、骨盤の歪みを整えてもらう。もしくは「下腹部や仙骨を温める」などをするとしびれが軽減してくるのを期待できます。

「過去に足の骨折がある」→過去にスポーツや交通事故、転倒などで足を骨折したことがある方(太ももの骨・膝よりしたの骨)は、骨折の仕方や治癒の仕方によって神経系が影響されていることがあります。そういう方に関してもまずは「骨の軸を整えてもらう」、「骨折した部位を温める」などをすることでしびれが軽減してくるのを期待できます。

「慢性的にひどい便秘」→慢性的に特にひどい便秘がある方は、腸の組織が過緊張を起こし、組織が硬くなっていることで神経系が刺激されるような状態であれば足にしびれが出現することがあります。その場合は、便秘の改善が最優先です。便秘を解消することで結果的に足のしびれが改善していきます。便秘改善には、腸内環境の改善や水の摂取、栄養管理などをしていく必要があります。

「盲腸を切除」→これは、特に右足だけがしびれているという場合には、盲腸の手術が影響することもあります。手術の影響で組織が瘢痕治癒し、組織が硬くなったことで神経系が刺激されると、足にしびれが起こることがあります。この場合は、術創部のケア、またその部位を温めるなどをすることもしびれが軽減してくるのを期待できます。

ざっと、ご紹介しただけでもこれだけあります。

これらの問題・原因に対してケアしてあげることで「足のしびれ」の改善を見込めます。

「足のしびれ」の治し方は、ひとりひとり違います。

奈良の橿原にある当院では、ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの施術で、ひとりひとりに合わせた改善方法を提案させていただいております。

「足のしびれ」でお悩みの方は、ぜひご相談ください。


当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。